AI

FAISSを使った近傍検索とRAGによる回答、生成AIとの組み合わせ

本記事では、FAISSを使った近傍検索の基本的な概念と、RAGによる回答生成について解説します。また、これらの技術と生成AIを組み合わせることで、どのようにして自然言語処理タスクの性能を向上させることができるのかについても探っていきます。
AI

Elasticsearchと生成AI、大規模言語モデル(LLM)、ElasticのAI Assistant

近年、人工知能(AI)技術の急速な発展により、様々な分野でAIが活用されるようになりました。その中でも、自然言語処理(NLP)の分野では、生成AIや大規模言語モデル(LLM)が注目を集めています。これらの技術は、膨大なテキストデータから言語の規則性を学習し、人間のような自然な文章を生成することができます。
AI

ベクトルデータベース Pinecone の概要と活用方法

近年、機械学習やAIの分野において、大量のデータを効率的に処理し、高速に検索することが求められています。そこで注目されているのがベクトルデータベースです。ベクトルデータベースは、高次元のベクトルデータを効率的に格納し、類似度検索を高速に行うことができるデータベースシステムです。本記事では、代表的なベクトルデータベースである Pinecone について、その概要や機能、利用用途について解説します。
AI

AI開発に適したプログラミング言語の選び方と将来性

近年、人工知能(AI)の開発が急速に進み、様々な分野で活用されるようになりました。AIの開発には、プログラミング言語が欠かせません。しかし、数多くのプログラミング言語の中から、AI開発に適した言語を選ぶのは簡単ではありません。本記事では、AI開発に適したプログラミング言語の特徴や難易度、選び方から将来性まで、わかりやすく解説します。
AI

生成AIがコード支援、またはAIがコードを書く時代における、人気言語・フレームワークの優位性

近年、人工知能(AI)技術の急速な発展に伴い、生成AIがプログラミングのコード支援や、AIがコードを自動生成する時代が到来しつつあります。このような状況下において、学習データの豊富な人気のプログラミング言語やフレームワークを使用することは、開発者にとって大きなメリットをもたらします。本記事では、AIがコード支援・生成する時代に、人気言語・フレームワークを選択することの優位性について詳しく解説します。
AI

AIによるコード支援開発ツールが主流になる理由

近年、AIによるコード支援開発ツールが注目を集めています。MicrosoftのOpenAIやGitHub Copilot、Amazon Qなど、大手企業が次々とこの分野に参入しています。その背景には、AIによる開発が将来的に主流となり、大きな利益を生み出すことが期待されているからです。
フレームワーク

フロントエンドの変化の速さとキャッチアップの難しさ

フロントエンド開発の世界では、新しいフレームワークやライブラリ、ツールが次々と登場し、目まぐるしい速さで変化しています。この変化の速さは、開発者にとって常に最新の技術をキャッチアップし続けることを要求します。しかし、学習コストが高く、習得した知識がすぐに陳腐化してしまうため、コストパフォーマンスが悪いと感じる開発者も少なくありません。
開発手法

システム開発における全体最適化と部分最適化のメリット・デメリット

システム開発において、全体最適化と部分最適化は重要な概念です。全体最適化は、システム全体の効率性や生産性を向上させることを目的としているのに対し、部分最適化は、システムの特定の部分や機能に焦点を当て、その部分の性能を最大化することを目指しています。この記事では、全体最適化と部分最適化のメリット・デメリットについて、経営目線と現場目線の両方から詳しく説明します。
プログラミング言語

COBOLの特徴と現代における役割

COBOLは1959年に開発されたプログラミング言語で、今日でも多くの企業で利用され続けています。この記事では、COBOLの特徴や強み、他の言語との違い、学習コスト、そして現代でも使われ続ける理由について詳しく解説します。
プログラミング言語

関数型言語Elixirの特徴と利用実績

近年、関数型プログラミングの人気が高まっています。その中でも、Elixirという言語が注目を集めています。Elixirは、Erlangをベースにした関数型言語で、高い並行性や耐障害性を備えています。本記事では、Elixirの特徴や得意分野、他の言語との違い、学習コスト、利用実績などについて詳しく解説します。